エギング釣行記

◆◆日時 3月1日土曜日 AM6:30〜PM5:00 
場所太平洋上(筏)

釣果アオリイカ君1杯&アカイカ1杯&ガシラ1匹。

状況 水温:不明。晴れ時々雨。先週よりも強烈な爆風

詳細  さて、先週に引き続きまたまた筏エギングに挑戦です。

 今回は先週キロアップのアオリイカが上がったと言う筏に乗り込んでのエギングと言うことで気合が入ります。

 ただ、気合十分と言うことで出船時刻6時の1時間前に現着。笑

 時間つぶしにグラスミノーを投げると

グッドサイズのガシラキャッチ。

いやぁ〜。出船前からの獲物にかなり活性が上がります。

 

そして遂に迎えた出船。

同行したPTさんと共におろしていただいた筏は出船場所から結構離れた場所です。。

 

筏についてエギをキャストしまくりますが・・・。

反応はありません。泣

気が付けば直ぐお隣の筏のヤエン師の方も釣り上げたのは2杯のみ。

しかしそんな沈黙を破った同行のPTさんが釣り上げたのは

アカイカ

最近ご縁が多いイカです。

 

この間にカワハギを狙うも餌取りすらいない状況に断念。

エギングを諦めて投入したヤエンも反応すらない状況。

ただこんなときでも釣る人は釣りますねぇ〜。

PTさんがエギマルDで700gほどのアオリイカちゃんをキャッチ。

僕は・・・。

お昼時点でイイダコ&アカイカ→のみ。号泣

 

このころ、少し離れた筏に乗っている2号さんからメールが届きます

「キロアップをキャッチっ!!」

“やられたっ!”と思いましたが、2号さんが釣り上げたのではなく向かいの筏のヤエンメンバー方々の釣果ようです。

ただ、2号さんもキロアップとは行かないまでもきっちりとアオリイカを釣り上げている様子。

 

ただ、こちらの場合はお隣の筏でヤエンで狙っている方も釣れていません。マジ泣

こんなときは筏に設置してある練炭コンロが唯一の遊び相手です。

さて、今回はこの練炭コンロを活用して

鍋焼きカレーうどんをいただきました。

心も冷え切った僕を芯から暖めてくれました。

 

さて、夕方が近づくとやっとヤエンに反応が出るようになりました。

*ちなみにエギングではたまぁ〜にアカイカのサワサワタッチがあるのみでした。

そして中々の手応えに本日初のヤエン投入っ!

しかしこちらはスカ。

 

どうもヤエンの投入のタイミングが未だ早かったようです。

そして続けざまにアジが抱かれています。

今度は先程ほど大きなアオリイカではないようですがじっくり抱かせてアオリイカをそっと寄せてヤエンを投入っ!!

 竿をあおってヤエンを送り込んで・・・。

 「コンッ」

 ヤエンがアジまで届いたのを感じで

 「ドリャッ」

 と合わせると

 「ズシッ」

 っと重みが伝わってきます。

 どうやら今回は無事にヤエンに掛かった様子。

いやぁ〜。嬉しい嬉しいヤエンでの初アオリイカです。

 

ただ・・・。

終了時間まであとわずか。

ここからはエギングに徹して丁寧にしゃくり続けますがヤエンもエギングも反応ゼロ。

今回も中々厳しいエギング釣行は終了いたしました。

釣りを終えて :  

 いやぁ〜。今回もエギングにはマッタク不向きな爆風。朝の一時の除き吹き続けていました。

 はっきり言って釣果も辛いですがあの爆風にさらされ、放置されて過ごす1日は中々辛いとです。

 

 さて、ヤエンで初のアオリイカキャッチ。

 少し感じが掴めた感じはあります。

 次回のエギングも筏でしたらアジ持参になりそうです。笑

 

 

釣行記TOPページに戻る

 

エギング.comに戻る