エギング釣行記
 

◆◆日時 11月24日土曜日 AM6:30〜PM4:00 
場所三重県の太平洋(レンタルボート)

釣果アオリイカ 5杯。

状況 水温:不明。晴れ。北風のち南風少々。

詳細  今回も太平洋にレンタルボートで繰り出しました。

今回同船頂いたのはたつきちさん、PTさん。

さて、どんなエギングが繰り広げられますかね?

 

まずは前回調子の良かった場所に入ります。

こちらでは3人とも1投目からアオリイカがHIT。

ですが、最後に掛けたPTさんのイカですが、ムチャンコ怒っていまして・・・。

水面からすごい勢いで墨を吐きました。

 

 

そして、一部の墨が僕の顔まで・・・。

ハイ。顔射です。 *ちなみに初顔射でした

 

さて、ここではたつきちさんがその後も2杯ほどのイカをキャッチ。

ただ、サイズはそれほどまででもないので移動します。

 

お次のポイントではPTさんは既にカワハギ仕掛けを投入。笑

僕の方は、今回初導入のエギを投げるのですが1投目の初シャクリの時点で既に根掛かり。激泣

チョットこのエギには縁が無さそうです。

 

その後、大潮なのに何故か潮がマッタク動いていない&ピーカンべた凪となりマッタリしてきたところでまったりしゃくり。笑

すると・・・。

「ん? 触ったかな?」 

チョット違和感を感じますが、「まさかこんなタイミングで釣れる筈ないし」と思いながら更にきいてみると、どうやらイカちゃんのようです。(嬉)


900gのグッドサイズでした。エギは何時とチョット違うこれ

釣った本人が一番驚きの1パイでした。

 

その後もポロポロと釣れて来ますが、マッタリした潮ばかりで気が抜けたようなやる気のないシャクリに反応が良いようです。笑

その後、潮が動いている場所に差し掛かると、たつきち船長の激しいシャクリにイカが高反応。

そこで僕も懇親の力を込めて爆裂シャクリっ!!

すると、フォールで直ぐに ズンッ


650gの食べごろサイズでした。エギはちょっと潮が速かったのでこちら

気持ちの良い1パイでしたが後が続かず・・・。

 

その後はカワハギにチャレンジするものの僕にはキタマクラのみ。泣

釣りを終えて :  今回は潮が緩いときはマッタリシャクリ。

潮が速いときは激烈鬼シャクリで頑張りました。笑

でも中々、思い通りには抱いてくれません。

ポイントやその時の状況に応じてしゃくり方を大きく変える必要があることを痛感する今日この頃。

いやぁ〜。イカって軟体動物なのに奥が深い。

 

なぁ〜んて悩みながらレンタルボート店近くの民宿に流れ込み、忘年会。


今回お世話になった「ささき」さん

しかし美味しかった・・・。

と言うことで、釣りのほうよりも収穫の多かった料理の数々をどうぞ。笑



まずはお刺身


お鍋〜。 カワハギ&牡蠣入りです。


さくさく天ぷら。 こちらも勿論牡蠣フライあります。嬉


牡蠣が一杯入った牡蠣グラタン。 *とろけます。


締めは牡蠣ご飯。 あまりの旨さにお代わりしちゃいました。

素晴らしい牡蠣づくし。今度も家族も連れて行ってあげたいですね。

 

戻る

 

エギング.comに戻る