エギング釣行記
 

◆◆日時 2月11日日曜日 AM6:30〜PM4:00 
場所三重県の太平洋上(筏)

釣果アオリイカ君4杯(Max:1kg)&ガシラ6匹くらいかな?。

状況 水温:不明。晴れ。風少々。ポカポカ陽気です。

詳細  さて、今回も前回同様に自宅を3時出発なのですが・・・。

 2:45頃、ご一緒する予定だったお二人のうちのお一人からメールが届きます。

 内容は体調不良で今回は欠席とのこと。

 随分と酷い状況のようで、心配しながらも・・・。着々と準備を進め、出発。目指すは三重県の筏です。

 さて、ちょうどの時間に渡船屋さんに到着。慌てて準備を済ませ、筏に乗ります。今回の筏番号は【7】。

 

 前回と違う筏ですが、前回の釣行では朝一番が良く釣れたので乗り込んで直ぐにシャクリ始めます。

 しかし・・・。無反応。

 

 3投目でHITしたのが、

 イイダコ

 その後、数投ごとにタコが釣れて結局3匹のタコちゃんを釣っちゃいました。笑

 ちなみにイカの反応はナシ。泣

 

 そんな中、同行していただいた筏初挑戦の先輩が見事にイカちゃんをGET。

 

 しかし、僕には釣れません。

 「でも良いんだっ!僕にはいつも振り向いてくれる彼がいるっ!!」

 とばかりに持ち替えたロッドの先には餌木ではなくってグラスミノーのジグヘッドリグ。笑

 

 そして直ぐに小気味良いアタリ。

 そうです。ガッシー君です。僕には彼しかいないのか?

 

 ちなみにその後は2・3投に1匹のペースで釣れ続けます。

 

 でも本命を狙わないとって事で、餌木をキャストしますがこちらは相変わらず無反応。

 

 さて、本日の満潮時刻はAM10:30頃。

 まあ、9時くらいまでが勝負かな?なんて思っていましたが時間は既に10時になろうかとしています。泣

 そうした時に、待望の初アタリ。

 でもこちらは直ぐに離しちゃった感じ。

 

 その数投後に、ユックリ引っ張るアタリがありますがこちらも直ぐに離しちゃうんですよね・・・。

 そして迎えてしまった潮止まりタイム。

 キャスト後の着底時間を利用して、鍋焼きうどんの準備をしながら釣りをしていると。

 「ドンッ」 とあたり。

 なかなかのジェット噴射を見せてくれてあがって来たのが

 ジャスト1kg(長さは30cm弱くらいかな?)のムッチャ怒ったアオリ君。

 いやぁ〜。良い引きしました。

 

 鍋焼きうどんの準備もソコソコにしゃくり続けると数投後に

 今度は2回り位小さなアオリ君をキャッチ。こちらもエギ王Q 3.5号です。

 

 ここで、アタリも遠のきランチタイム。

 ユックリ食事を頂き、お腹も一杯になったところで再度シャクリ始めます。

 

 でもマタマタ釣れない時間到来です。

 でもマッタリとしゃくり続けていると、PM1:30ごろに

 餌木サイズを4号にサイズアップしたところで700gくらいのアオリ君キャッチ。

 こいつは着底中のHITでした。

 *横抱きでしたがエンペラに辛うじてフッキングしてました・・・。(ホッ)

 その後、餌木をエギ王Q3.5号の光宮に替えてキャストをしていると、足元でギュイィ〜ンと引っ張って言ってくれたイカちゃんが

 さっきのイカより一回り小さなイカちゃん。

 

 その後はぱったりとアタリが止まってしまい手を変え品を変えシャクリますが、無反応。

 

 こうなったら生き餌だぁ〜って事で

 いかだ近くで弱っていたイワシをすくいダウンショットリグで投入しようとしましたが・・・。

 筏に設置されていた生簀の中に入れておいたらいなくなっていました。

 

 もしかして、生簀の中で生かしておいた↓に食べられちゃったのかな?泣

 結局、僕の苦肉の策も投じるすることすら出来なくなり夕方までただしゃくり続けるだけ。

 

 しかし、もうアオリ君からの反応は無いままに終了となりました。

釣りを終えて :  本日のテーマは【テンションフォール】

 実はいつもフリーフォールで抱かせてばかりで、潮が速い時などは釣りにならなかったんですよね。

 って事でスラッグの出方に細心の注意を払いながらテンションフォールで仕留めた4杯のイカちゃん達。

 でも・・・、2杯はアタリがとれませんでした。泣

 

 着底中のアタリだったかな?

 とにかくこれからももっといろんなテクニックの勉強をしないと。

 

 

戻る

 

エギング.comに戻る