≪管理人のエギング釣行記≫

日時 10月29日日曜日 AM6:00〜PM5:00 
場所太平洋(筏&ボート)

釣果胴長約22cmまでイカ君を15杯は釣りましたぁ〜。

状況 水温:不明。不思議と晴れ。殆ど風無し。

詳細  エギンガー大師範、マサシ師匠をお迎えしてのNeverSummerエギングツア〜。企画の詳細はこちら

 今回も9名の参加者の皆さんとイカ君に抱かれに行って来ました。

 さて、まだ薄暗い中、筏を目指して出船。誰もが逸る気持ちを抑えられない方々ばかりでして・・・。笑

 さて、筏に無事に到着はしましたが、荷物は別の船に乗せています。

 10分ほど、筏上で待機となりましたがとんでもなく長い時間に感じました。笑

 

 そして荷物が到着次第、各々しゃくり始めます。

 ご覧の通り、好きな場所でしゃくり始めますが、マサシ師匠は何故か手を後ろに組んで竿を握っていません。

 と、言いますのも・・・。

 

 既に1投目でレクチャーしながらイカを抱かせて講師モードに突入しております。

 しかし、的確な分かりやすいご指導ありがとうございます。

 

 さて、参加メンバーで交代しながらレンタルボートに乗りましたが、僕は2番手。

 8時半頃からボートに乗ることになりましたがそれまでは筏上でのエギング。

 でもこれが反応悪くって・・・。

 

 やっと1パイだけ釣れた状態でマーシュ兄弟子&喜多さんと共にボートに飛び乗ります。

 先にレンタルボートに乗った方々の話しではチョット反応は悪い様子。

 とりあえず小さなサイズながらも反応があったと言われる場所に入りますが、10mほどのディープで1杯釣れただけ。

 少しづつ移動を繰り返していくと、チョット外したかな?と言ったポイントで本日の最大サイズをキャッチ。(22cm 600g)

 

 この1杯のおかげで何となく反応の良いロケーションの雰囲気が掴め、ポイントを移動するとこの場所が大当たり。

 サイズはそれほど伸びないまでも5杯ほど連発。パラダイス発見っ!!

 

 と思いきやレンタルボートタイムは此処で終了。

 帰って来いコールに筏に戻ります。

 

 その後は2時間ほど筏の上で昼食&昼寝をしながら過ごして、2度目のボート乗船タイムに備えます。

 

 そして迎えたボート乗船タイム。向かった場所は勿論先ほど見つけたポイント。

 しかし反応はイマイチ。5杯ほどしか釣れない状況でタイムアップ。

 残り時間を筏の上で後片付けをしながら過ごしました。

 

 しかし、楽しかったぁ〜

釣りを終えて :  今回のメインターゲットは勿論アオリイカですが・・・。

 喜多さんのハマチ。*しかも何故か曲がっています。

 裏BOSSさんのガシラ。*エギングロッドの初物がガシラとは。僕はキスでした。爆

 終了間際には喜多さんがゴンズイを仕留めていました。 *これで本日5種目達成とのことで。

 

 何だか海っていろいろ釣れて面白いですね。

 

 さて、肝心のイカ君はボートに乗って思ったのは『日本海と違い海藻が少ない』と言うこと。

 で、今回一番釣れた場所は『良い海藻のあるところ』でした。

 ただし、1箇所のポイントにストックしているイカの量は日本海よりも少ないような感じで、これはまだまだ良いポイントが他にあるのか、それともこんな感じなのか・・・。

 とにかく、今回も同行した皆さんが楽しい方ばかりで充実しとにかく楽しい1日を過ごすことが出来ました。そしてまた多くのことを学ぶことが出来ました。

 そして・・・、目の大きさは他の皆さんとさほど変らないことも確認できました。爆

 

戻る
topページの戻る