エギング用語解説コーナー
 エギングの専門用語を出来るだけ分かりやすく解説いたしまぁ〜す。
ただし管理人もエギング勉強中の身分です。おかしな点は優しくメールください。笑

 解説して欲しいエギング用語がある方はこちらからお気軽に投稿ください。

 

 ハ・ヒ・フ・ヘ・ホ

 

 

HPJ(ハイピッチジャーク)  
バッカン ブリーデン(BREADEN) クールバッカン
コマセや水などを入れるバケツ。管理人は水が染み込んでいない特性に惚れこみ?タックル収納用バックとして使用しています。

ちなみに→のバッカンが欲しいのですが・・・。お財布と相談中。笑

バックドリフト

ブリーデンテスターのヤマラッピが得意とする潮に乗せてエギを遠くに送り込むテクニックです。

→のDVDでバックドリフトが命名されています。また詳しい解説も映像付きでされています。

バットエンド 竿の一番元になる部分のことを指します。

人によって→の画像の赤丸の2点のどちらを指しているのか違う場合がありますので注意してください。

*一般的には→画像の上部側かと思われます。

ちなみにグリップエンドであればどちらかは明解です。

ヒロ 長さの単位。1ヒロ(ひとひろ)。2ヒロ(ふたひろ)などと使います。両手をいっぱいに広げた時の長さを1ヒロとします。1ヒロで約1.5mほどになります。
PEライン エギングで道糸として一般的に使われているライン。PEとはポリエチレンの略。特徴は編み糸で引っ張り強度がナイロン等に比べ強く、殆ど伸びがない。ただし根ズレに弱い。一般的に浮くものが殆どですが稀にサスペンドやシンキングタイプがあります。
フォール エギが沈むこと
フリーフォール エギをフォールさせるときにテンションを掛けないままフォールさせること。*反対語:テンションフォール
エギの沈下スピードは速くなりますが、エギの移動距離が短くなる為に1回のキャストでよりたくさんシャクル事が出来ます。
ボトム 底(海底)の事です。エギが着底した際に「ボトムにエギが付いた」等と使います。

 

 

用語解説topページに戻る

エギング.com