エギング用語 解説コーナー

 エギングの専門用語を出来るだけ分かりやすく解説いたしまぁ〜す。
ただし管理人もエギング勉強中の身分です。おかしな点は優しくメールください。笑

 解説して欲しいエギング用語がある方はこちらからお気軽に投稿ください。

 

 タ・チ・ツ・テ・ト

 

ダート エギを左右に動かす動きのことを言います。(首振り)

エギにこの動きをさせるにはロッドを適度にシャクる必要があります。またエギの種類によってダートしやすいエギをし難いエギがあります。

ダートの感覚を掴みたい方はまずはダートしやすいエギで練習してみるのが良いです。*ダートしやすいエギの代表格(墨族ダートマックス

高切れ ラインが手元で切れてしまうことです。何らかの要因でラインに傷が入ってしまった場合や、キャスト時にラインがガイドに絡まった場合に発生するケースが多いです。
着底(ちゃくてい) 餌木が底に着くこと
ティップラン ボートをドテラ流しをしながらエギを操るエギングのスタイルのこと。ロッドの穂先にです繊細なあたりをとらえてアオリイカを釣り上げます。

 類義語:スパイラル釣法

電車結び PEラインとリーダーの結束方法の一つ。
ユニノットでPEラインからリーダーに、リーダーからPEラインにそれぞれで結んでいるだけと大変簡単ですが結束強度が高いとは言えずあまりお勧め出来ません。
テンションフォール 糸を出さすテンションを掛けたまま餌木をフォールさせることを言います。 類似語:カーブフォール
ドテラ流し 風に対して船を横に受けて流すことです。

特に浅いポイントなどで用いられる船の流し方です。

ドテラ流しの際には進行方向の反対側の釣り座の場合には船から遠い場所までジグを流す事で、魚にプレッシャーを掛ける事無くアプローチが可能ですが、進行方向側の釣り座の場合にはジグが船の下になってしまう形となり釣り辛くなります。

 

 

 

エギング用語解説topページに戻る

エギング.com