エギング用語 解説コーナー

 エギングの専門用語を出来るだけ分かりやすく解説いたしまぁ〜す。
ただし管理人もエギング勉強中の身分です。おかしな点は優しくメールください。笑

 解説して欲しいエギング用語がある方はこちらからお気軽に投稿ください。

 

さ行 サ・シ・ス・セ・ソ

 

 

潮だるみ ちょうど、干潮や満潮になり潮が動かなくなること。同意語:潮止まり。
潮目 潮流の境目。潮流の速度差によって発生する。小魚が集まりやすく好ポイントとなっているケースが多い。
時化(しけ) 天候が悪いなどの理由で海が荒れていること。
下地 餌木は通常、テープを巻いてその上から布を巻きます。このテープのことを下地と呼んでいます。

一般的な下地として金テープ・虹テープ(マーブル)・赤テープなどがあります。

初心者向けエギング講座2に餌木のカラーリングについて掲載されていますが、その中でも下地のカラーについて触れられております。

シモリ 海中の中にある岩礁のこと。根と言います。小魚が集まりやすくエギングの好ポイントとなっているケースが多い。
シャクリ 餌木を動かす為にロッドをあおる行為のことです。シャクリ方により呼び名は様々なものがあります。
新子(しんこ) まだ生まれたばかりの小さなイカのことを新子と呼びます。

→くらいのサイズも新子と読んで差し支えないのではないでしょうか?*餌木のサイズは3.5号 エギ王Q

水平フォール シャクッタ後にロッドを起こしながらフォールさせるテクニックです。エギが落ちていくのではなくほぼ横に動いていくような形となり、フォール時間が長くなります。*かなり高度なテクニックです。
スパイラル釣法(スパ釣) ボートをドテラ流しをしながらエギを操るエギングのスタイルのこと。エギを着底させていくときに、ラインをロッドで円を描くようにして水面に浮かべることで着底を把握することからこの名前が付きました。

 類義語:ティップラン

墨跡 イカが墨を履いた後のことを言います。

→は参考画像

イカの墨って中々落ちないんですよね。餌木についた墨も濡れている内に落とさないと餌木が真っ黒になっちゃいますよぉ〜。

スラック 糸ふけの事です。
スラックジャーク 重見さんの提唱する糸ふけが出ている状態からしゃくるアクションを言います。

スラックジャークのしゃくり方についてはエギングファイル2に詳しく紹介されていることから、興味のある方はこれを見ると大変参考になります。

ちなみにスラックジャーク専用ロッドも発売されています。

 

 

 

 

エギング用語解説topページに戻る

エギング.com