エギング用語 解説コーナー

 エギングの専門用語を出来るだけ分かりやすく解説いたしまぁ〜す。
ただし管理人もエギング勉強中の身分です。おかしな点は優しくメールください。笑

 解説して欲しいエギング用語がある方はこちらからお気軽に投稿ください。

 

か行 カ・キ・ク・ケ・コ

 

ガイド 竿に付属しているラインを金具についているリングこと。エギングで使われるロッドについているガイドの素材はSICが一般的。
ガイドの周りの金具はフレーム。
返り墨 アオリイカを釣り上げた際に浴びる墨のことです。イカの墨は服にかかると落とすのが大変ですよぉ〜。
カーブフォール 糸を張ったままエギを沈める方法。同意語:テンションフォール。
逆に糸にテンションを掛けること無く沈める方法はフリーフォール。
カンナ 右の餌木画像の丸印の部分のことを言います。

ここにイカが掛かり釣り上げることになります。

汽水域 河口周辺の川から流れてくる淡水と海水が入り交じるエリアことを指します。
キャスト エギをを投げること。キャスティングとも言います。
ギャフ 第一精工 オートキングギャフ535X Ver.2
足場の高い場所などでアオリイカを取り込む際にアオリイカを引っ掛けるための→のような道具です。

アオリイカ用のものは→のように金具が数本に分かれているものが一般的ですが魚用のものは太い金具1本のタイプが一般的です。

なお、こちらのようなロープタイプのギャフもあります。

グリップエンド 一般的に竿の一番元に当たる部分を言います。

 →の画像の赤丸の部分。

僕の場合はこの部分がシャクル際に肘辺りに当たる事が多いです。

ケーソン 鉄筋コンクリートでつくられた波止ブロック。防波堤はケーソンを何個もつなげて作られている。形状は筒型が一般的

 

 

 

 

エギング用語解説topページに戻る

エギング.com